エンパワメント力で生きる

新たなご縁を結んだり、今あるご縁をより強固にするお手伝いをする事をミッションにしているサイトです

誰が組織の流れを止めるのか?

組織を活性化させるのは、私の天職です。

 

でも、みんなが楽しく働きたい!と

思ってるはずなのに、

どうして「楽しくない職場」

になってしまうんでしょう?

 

それは、1人ひとりに問題があります。

 

人は、自分以外の人との関わり合いの中で

一貫した姿勢を取るのが難しい生き物です。

 

自分よりエラい人。

自分より年下の人。

自分より仕事ができる人。

 

色々な人がいて、それぞれの人に対して

色々な感情を持っています。

 

例えば、

「職場を良い環境にしよう!」と

頑張ってる人がいたとします。

 

その人が仕事でミスを多発する人だと

「お前が言うなよ!」となって

協力しなかったりしませんか?

 

どんな人が言い出したか?は

目的を達するためには

意味がない事なのですが、

そこにこだわる人が多いのです。

 

誰の言う事を聞くか?

誰に従うか?

そこにこだわると詰みます。

 

「職場環境が良くなるなら!」

とニッコリと笑って

協力すればいいだけなんですが、

それがなかなか出来ない。

 

全て人間の感情の複雑さから

来ています。

 

でも、心では現状に不満がある。

 

さて、何から始めたらいいでしょう?

 

まず、人によって態度を変えることを

やめてみませんか?

 

誰にでも丁寧に接し、

誰にでも思いやりを持つ。

上司に対する態度と同じように

後輩にも接する。

 

まず、自分のあり方を変えてみましょう。

目的のために行動できる人になりましょう。

 

組織の流れを止めるのは、

その組織にいる全ての人の感情です。

 

プラスの感情が溢れ出すと、

組織は猛烈なスピードを持って進化します。

 

まず、中の人が大事。

あなたが組織の「がん」にならないよう

気をつけてくださいね。